×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る
デジモンクロスウォーズ
デジモンアドベンチャーではお台場や光が丘が舞台になったと有名ですが、2010年7月から放映開始したデジモンクロスウォーズでも、作中で舞台となった場所があります。
その場所とは、"東京都江東区豊洲(とよす)"。
アニメでは「東雲」とテロップが出ていましたがそれはフェイントです。

クロスウォーズでは基本的にデジタルワールド内でストーリーが進むため、現実世界の割合が低めです。
アニメでタイキが現実世界にいたのは「1話」「30話」「54話」の計3話のみ。
(3期のデジモンハンター編は除いています。)
また、本来の景色には存在しないはずの建物や配置になっている場面もあるため、以前のシリーズのようにそこまで忠実ではありません。
このような理由で今回は軽視されそうな東京の町並みですが、モデルとなった町はしっかりと存在していました。

2012/8/11にクロスウォーズver.の聖地巡礼をしてきましたので、キャプチャー画面と比較しつつ紹介していきたいと思います。
ただし無印等と違ってクロウォは参考となるサイトがほとんどなく、自力で場所を調べたので間違いがあるかもしれません。
舞台となった場面たち
◆第1話 タイキ、異世界へ行く!

アカリが登場する最初のシーン。
豊洲の海沿い。


海岸線の形が一致する反面、アニメで描かれているアーチ状の橋はここでは見当たりません。
(30話ではこのアーチが消え、写真奥に映る青い橋と同じものになっていました。)
この時…不覚にも花火大会があるらしく、その準備のため敷地内に進入できませんでした…。
ちなみに写真の歩道に並べられているのは大量のパイプイスです。景観が台無しです。

アカリがタイキママに電話をかけて、空に浮かぶ気球と東京スカイツリーを背景に写真を撮った場所はもう少し右に行った通りです。

実際にはこの位置からはビルが邪魔でスカイツリーは見えないと思いますけど。

タイキがバスケの試合をしている"区立総合体育館"と、タイキがデジタルワールドへ引き込まれていった路地裏は見つけられませんでした。


◆第30話 新たなる旅立ち!! 東京大決戦!!

タイキ達が現実世界に一旦戻り、デジタルパワーを吸収したタクティモンと東京で戦いを繰り広げます。
そこでシャウトモンがオメガシャウトモンへと超進化し、町を破壊するほどの激闘の末勝利。
ここからクロウォが第2期へと移ります。
ちなみにアニメ1話では「江東区 東雲」となっていたのが30話では「東京都 江東区」の表示に変化していました。

その30話から、まずはこの場面。
アカリとゼンジロウが待ち合わせをしていたタイキの元へ走っていくシーン。
…なのですが例によって花火大会のせいで関係者以外立ち入り禁止に…。遥々来たのに悲しい。
場所としてはここ、ららぽーと裏です。


奥に見える白い跳ね橋辺りにタイキが待っており、写真の左から奥に向かってアカリとゼンジロウが走っていきました。
その後、3人揃って海沿いの手すりにもたれて話しているのは第1話と同じ場所。
この撮影場所は1話のアカリが走っている背景にあるアーチ状の橋からです。

イカスミパスタを食べた後にタイキ達が木陰で休憩している公園も、おそらく近くにあるんだろうけど通行止めで気力を削られてしまったので探す気になれませんでした…。

またタクティモンが町で暴れているシーンも、ガードレールというか歩道の柵の形でどうにか特定できないものかと思いましたがそうなるまでに至りませんでした。


「戯言を言うな。虫けらども!」
タクティモンがアカリとゼンジロウを掴みあげ、タイキにクロスローダーを捨てるように迫るシーン。


道路の上を走るゆりかもめと車線数、矢印からこの場所であると確定。
ただしアニメにはなかった豊洲駅が実際には左奥にあります。

「一瞬で進化した!?」


同じ場所を角度を変えて撮影。
左にタクティモン、右にオメガシャウトモンが立っていました。

と、ここでちょっと話を変えまして、「人間世界に来たタクティモンに見つかり、『なるべく人のいない所へ…』」と逃げてここに来たわけですが、地図から位置関係を見るとおかしなことになっています。
この40キロと書かれた道路は東京方面です。
つまり、タイキ達は東京ビッグサイトのある海の方面からこちらへ逃げてきたことになってしまいます。
むしろ人の多い方へ向かってどうするつもりだったのでしょうか…?


オメガシャウトモンに進化し、戦闘の場面は江東区から中央区へ。
「まさかあれがデジモン? タイキの言ってた」
タイキママがランニングをしていた白い橋。

中央の奥に頭だけ見える白いのがそれです。
特徴的な橋なのですぐにわかりますね。



アニメにはなかった植え込みがありました。
実際に歩いてみると分かるのですが、ここは進化した場所からかなり距離があります。

タイキママがタクティモンが暴れて煙を巻き上げているのを目撃したのは、この橋からおよそ北の位置。
場所にすると"永代通り"の辺りだと思いますが、タイキ達があの短時間に走って豊洲まで行くにはあまりにも遠いのと、逃げてきた方向に矛盾が生じます。

「そんな鈍刀じゃ、俺たちの絆が生んだこの力には傷一つ付かねェって言ってんだ」


先ほどの橋から反対車線の歩道へ移動しました。もっと右から撮れば良かったか。
曇り空なのが実にそれっぽい雰囲気を出している。

アニメを見ると、タイキママが走っていたのは写真と同じ左側だったのに、次に画面が切り替わると背中側が車道に変わっています。
このことから、タイキママも同じように移動してこの戦いを見ていたものと思われます。
右下に見える公園の縁までアニメ中のものとそっくりそのままです。 タクティモンとオメガシャウトモンはこの上空で戦っていました。

「我が剣の奥義、食らってからほざけ!」


タクちゃんにまっぷたつにされた水色のアーチのある橋。
先程と同じ橋から方向を変えての撮影です。その奥にスカイツリーが見えます。


橋の中から町並みをみるとこんな感じ。
所々アスファルトで補修がなされているものの、床のタイルの濃淡が同じです。
この隅田川のどこかにタクティモンの剣が眠っていることでしょう…。


◆第54話 栄光のデジクロス、つかめ! おれたちの未来!!

「行くぞみんな! ファイナルクロス!」
ここでも東京に来たタイミング悪く入れなかったので…。
ダークネスバグラモンが向いている方向と、タイキ達が降り立った地面の様子から、その戦ったと思われる海岸沿いを逆方向から撮影。


手前に見えている橋はレインボーブリッジの一部です。
ゆりかもめ市場前駅の一番先に位置する所。
アニメではもっと近くにビルなどが立ち並んでいましたが、恐らくあの斜面のある海岸で最終決戦をしたのでしょう。

もしそうだとしたら、その場所でスペリオルモードになったのに正面ではなくタイキ達の横の河口にシャウトモンX7が立つという事になってしまいますが…。


最終決戦を終えて。

「世界に平和が訪れ、俺たちの熱い夏は終わった。」
夕焼けを受けて去るタイキにアカリとゼンジロウが駆け寄る、最後の別れのシーン。
レインボーブリッジの写っている角度からして、ここだと思いました。
豊洲とは変わって、お台場です。


しかし、地面のレンガの模様は豊洲、戦いの後シャウトモン達と分かれた場所は上の写真の位置、レインボーブリッジの角度的にはお台場と、3つの場面がこちゃまぜになって一つになってしまっています。
1話の時点でアーチ状の橋やスカイツリーは無いハズなのにアニメでは描かれているということもあるので、このように複数個所の特徴が混ざっているのも珍しいことではないのかもしれません。


タイキが東京を舞台に活躍した場面を写真で紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
背景のビルの絵などは現実と一致していないこともありますが、タイキ達がここに居たんだなぁと想像するとリアルタイムで見て応援していた私としては、自分で探し当てたという喜びもあり、同じ場面に遭遇したような気持ちになってとても面白かったです。
クロスウォーズも熱いぜ!

このページに関するご意見、ご感想はこちらのコメント欄まで。
おまけ
8/11は、コミックマーケット、東京湾花火大会、お台場合衆国と色々イベントが重なっててひどい目にあいました。
特に影響が大きかったのは花火大会。
初めはそんなイベントがあるとも知らない田舎者だったので、立ち入り禁止看板を目にしたときは全く何の事だか訳が分かりませんでした…。


タイキ達が1話、30話で待ち合わせをしていた公園もこの通り。
黄色いテープが張り巡らされ、そこらじゅうに場所取りのブルーシート、お偉方のパイプイス等が並ぶ有様…。



第3台場公園も入れませんでした。この時間まだ午前なのに。



市場前駅でゆりかもめのドアが開かなかったのもこれのせい。
ウォーゲームの丈先輩と同じ気持ちになった瞬間だった。



ららぽーと裏の川沿い一帯が全滅で、アカリの走るシーンが全然再現できませんでした。


あまりにも消化不良なので今度は何もない平日にリベンジしたいと思います。